第二回長文御近所一決定戦
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












HN ユニット名 ネタ 順位
モダンス ノア 大学病院? 4位 75点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 まとまってて読みやすかったです。
もう少し、狂っててもよかったと思います。
とれいん 非常にきれいな流れだったんですが
少しこぎれいにまとまりすぎた感があります。
いい意味での裏切りがほしかったです。
S2 10 よーし、えらいぞ!面白いぞ!
「進め僕らの好奇心」がたまんないぞ!
ランダム 良い雰囲気ですねぇ。アホみたい。
もうちょっと強いボケがもうひとつでもあったら流れにメリハリがついたかなとも。
はにわ 「宿題はやったけど〜」とか「おかし」の部分とか、もう、笑いましたよ。
グループの初っ端にこういうのが来るとテンションが上がりますね。
ありがとうございます。
暴投戦士(株) 10 5点から採点 【序盤】+1点 【中盤】+1点 【後半】+1点 【オチ】+1点 【構成】+1点 【合計】10点
ケースバイケース きれいに作られているんですけど、あまりにきれいすぎて、逆にこれといった爆発もなかったように思います。
タイトルである程度展開が読めてしまっただけに、どこかでいい意味で期待を裏切るボケがほしかったかな。
牧原ナオミ 「おさない かれが しゅじゅつちゅう」は、前フリがしっかり生きており、ボケもなかなかに巧みな絡め方をされているとは思うのですが、ツッコミがボケと対等に張り合えてない雰囲気でした。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 宿題を胃に忘れるってどういうことだよっ!
何かと何かを置き換えるってのはベタですが、面白いから全然いいです。






HN ユニット名 ネタ 順位
ブルースイカ CMJK 世界観 16位 67点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 ボケとかツッコミの区別が無いのでいいんですけど、作品自体流れている。
印象に残りづらいね。
とれいん オチのところで第3章へって
書いてありましたけど
本当に小説かなんかの1部分ぶった切って持ってこられたかのような読後感でした。
舞台背景とか設定の前提部分が さっぱり分からなかったなあと。
ですからどうも読んでてもやもや
したんですよね。
会話のばかばかしさや
ベルトコンベア→ボーナスステージ
などの流れは好きなのですが。
S2 うん、いいですね。凄い静かな感じですけど、
この冷静な口調が面白味を増していますね。
「終わってみると一緒じゃなかったので。」ってところで 大満足しましたよ。ありがとうございました。
バランスで言うと、前半にインパクトが足りなかったのが
もったいないです。後半の加速を考えると前半もうちょっと
いろいろ組み込めたんじゃないかなあと。
ランダム 何最後のうまく閉めたみたいなの!面白いじゃない! ただ少し淡々とし過ぎてたかなと思いました。多少状況を飲み込みづらかったですし。
はにわ シュールってこういうことをいうんでしょうかね。
途中で役割的なものが変わってしまったのが、読み手としてちょっと違和感を感じました。
一貫して統一させたほうがいいんじゃないかなぁ、と思ったりしました。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】0点 【中盤】0点 【後半】0点 【オチ】+1点 【構成】0点 【合計】6点
ケースバイケース 最初ちょっと入っていけなかったのですが、中盤から急に入っていけました。
どこかとっかかりを見つけるとこういう作品はおもしろいですね。世界観全部を好きになってしまう。
ものすごいだらだらと話しているようで、1つ1つのボケは分かるしおもしろい。さらに、オチはきっちりしめられています。秀逸。
序盤ちょっと入り込めなかったのと、先走ったツッコミがいくつか気になったのとでこの点数です。
牧原ナオミ 10 よどみなく淡々と話が進む様は、さくらももこの『神のちから』の一作品を彷彿とさせますね。ボケ、ツッコミが明確にポジショニングされていない芸風も、この作品ではプラスに作用してありました。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 クイッとだけで笑っちゃう僕は変なのかなぁ。クイッと。
これもシュールのひとつですかね。落ち着いてるわぁ






HN ユニット名 ネタ 順位
流星群 草野球 面白くなりたい 64位 21点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 いやね、漫才をやる前の段階でこれ切れてるじゃないですか。
狙いでやっているならいいんですけど、これだと大きなボケというのが無いんですよ。
いつまでも前儀であって、読み手は満足しないまま終わる。
よほど自信がある限りはやらないほうがいいですよ。
とれいん 全然地に足が着いていない感じがあります。
漫才としては成立してないし
コントとして見るにも最初の4行が
それをさせてくれないし
個々のボケも弱いし。
なんか『仲のいい中学生同士が
漫才の真似事してふざけ合って
遊んでいる』みたいな印象しか
受けませんでした。ごめんなさい。
S2 面白くなりたいと頑張る方も、それをレクチャーする方も、
本当に面白くないので困りました。
どこかで読み手の期待を裏切る何かがあるんだろうと
読み進めていたのですが、そのまま終わるのかよ!みたいな。
これはやっぱり片方が確実に面白い事を言える存在でないと
何にもならないネタではないかと思います。
陰陽のメリハリですよ、大切なのは。
ランダム おう。
はにわ うーん、制限行数のとこをは他の人も言ってるかと思いますが、
急に現実に戻された感じがあって良くないですねぇ。
あと、

岸田 「ボケきれて無いよ!」

これに尽きるんじゃないかと。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】0点 【中盤】0点 【後半】0点 【オチ】−1点 【構成】0点 【合計】4点
ケースバイケース 1年半くらい前に、私も同じ題材で作ったことがあります。今それを見てみると「悪いというほどではないけど、これといったものがねえなあ」という感じなのですが、この作品もそういう印象を受けました。
この題材って流れは作りやすいんですけどね。笑いを作るのが難しい。
牧原ナオミ 第5回ネト漫でもこういう作風は結構拝見しましたねえ。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 長文内で逆に面白くないことを言って面白くするのは難しいと思います。
だからこっちとしては面白くないこと言ってるようにしか見えないんですよね
厳しいようですが、こんな感じです。






HN ユニット名 ネタ 順位
凶器攻撃 アングロサクソン バイトの面接 54位 37点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 ビビデバビデブー太郎先生のくだりは好き。
でもオチがよく見るととか、罰金5万円っていうありきたりな所は残念です。
とれいん 悪い意味で設定にリアリティが
無さ過ぎるなあと。
あの設定で持っていくならもう少し
会話の部分を掘り下げるなり
オッサンのキャラをもっとぶっ壊すなりして設定を納得させるだけの
パワーが必要かと。
S2 えー!オチそれでいいのー!?
久々にオチでがっかりしてしまいました。
もうひたすら会話がループするネタだったら8点から9点は
固かったんですけど、もの凄く急に「ありがちな展開」に
流れていってしまったので、急に面白味を損ないました。
もっと冒険してほしかったな、このネタ。
ランダム ビビデバビデブー太郎じゃねぇ!
いや、面白かったですよ。サッと読めるし。
はにわ 同じパターンを何回もこなしていくと読み手としては感覚的にも飽きちゃってくると思うんです。
そこで飽きさせないくらいのボケがあれば別なのですが、これはちょっとなかったです。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】0点 【中盤】+1点 【後半】0点 【オチ】0点 【構成】0点 【合計】6点
ケースバイケース 最初の3行でその先の流れがだいたい読めました。
いや、読めるのは別にいいんですけど、「まさかこう進むわけじゃないだろうな・・・」っていういやな予感が的中してしまった時は審査する側も悲しいです。
それでも、こういう展開なら、いくらでも逆転の余地はあったはずなんですよ。いかなる会話の展開になろうが自由なわけですから。
しかし、その会話すら浅かったです。
牧原ナオミ 基本的に伏線の強引な後付けは好みません。先生たちのキャラクターは多少良かったのですが。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 うわ、軽いテンドンだ。
オチが無理やりっぽいけどそうでないのがいいです。






HN ユニット名 ネタ 順位
ハンバーグ ザ・イヨマンテ コント「医者と患者」 50位 41点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 僕は病院でバイトしてます。
たまにいるんです、変な患者も。
この前も頭から血を流したおばあちゃんが来ました。
瞳孔が開きました。それに比べるとまだまだです。
とれいん 先生いい味出してるなあ(笑。

B「トイレに行って出すもの出したら治りました。」
A「はい、じゃあ次の方どうぞ。」

↑で大爆笑してしまいました。
散々引っ張ってこれかよ(笑。

でもその後の天丼はちょっと 弱かったです。
オチもきれいに決まっていますし
良かったと思います
S2 うお、判断が難しい。面白いところと余計なところが幾重にも重なっています。
「喉が見たい」「頭がいない」「たむけが」の3点セットは
非常に面白いんですけどね。本当に面白かったのはそこくらいで、
後は「つまらない」とまでは言いませんけど、
爆発はしてないなあ、という感じでした。
練り足りないのかもしれません。もう少しで面白い作品になりますから、がんばって。
ランダム うーん、なんか厳しいなぁ。なんか患者の感じも医者の感じも変だなぁと。

A「もう君哺乳類じゃないね!澱粉作っちゃってるね!こちとら忙しいんだ、帰ってくれ!」
B「いや、じょ、冗談ですよ・・・実は・・・風邪気味なんで・・・」
A「で、どんな症状?」

いくらなんでもテンション変わりすぎだろって。
こういう違和感の連発。どうもまとまっていない。
はにわ うーん、全部のボケがジャブもしくは軽く触れる程度のパンチくらいにしかなってないような感じなんですよねぇ。
もっとボケを練り直してみてはいかがでしょうか。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】0点 【中盤】0点 【後半】0点 【オチ】+1点 【構成】0点 【合計】6点
ケースバイケース 集められた部品は悪くないのに、組み立ての時にすっごい手抜きしちゃった印象。
なんか本当に、1つ1つのボケがザクッ、ザクッっていう感じなんですよね。
長文としてのおもしろみをあまり感じませんでした。
牧原ナオミ その落とし方はナシでしょう、だって初っ端に医者が言ってるんですもん。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 変なテンションでベタな「鼻に穴が!」を言われるとは思ってなかった。
笑っちゃった。
なんか、ベタちっくなので笑ってしまう






HN ユニット名 ネタ 順位
オーディン ファントムフェニックス コント:豆腐の腐は恐怖の怖に変えるべきだ。そっちの方がかっこええやん。 60位 30点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 なんか、50行というのに焦りすぎてる。
そしてごちゃごちゃしている。
まずは、読みやすさを追求しましょう。
とれいん 会話が微妙にかみ合ってないなあと。
あとオチですが、ファン=フェニ ってことなんですかね?
ちょっと良く分かりませんでした。
うーん。
S2 会話に感じた違和感の正体は、初期設定にある
「拳銃をつきつけている男と、つきつけられた男」の構図で、
つきつけられてる方が強く出る瞬間がある事だと思います。
自然じゃないんですよね。流れ方が。
ネタのタイトルが一番面白かったんだけど、そこ評価ポイントじゃないし。
ランダム ごちゃごちゃしすぎててあんまわからないです。
ちょっと理解しづらい展開ですし。もうすこしわかりやすくまとめた方が良いのではないかと。
はにわ 何でしょう、物語中でも「雑談をしよう」みたいなことを言ってるんですが、
本当に雑談のように見えました。
・・・そんな感じです。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】+1点 【中盤】0点 【後半】0点 【オチ】0点 【構成】0点 【合計】6点
ケースバイケース 「事実は小説より奇なり」といいますが、うちの塾には、ボールペンの替芯を見せると怖がって何でも言うことを聞く中3生がいます。この現象は、個人的には、この作品の「豆腐屋に脅される男」という設定よりおもしろい気がしてなりません。
設定・展開・ボケ・オチの全てが、弱いかつ強引なように思えてしまいました。もう少し推敲を。
牧原ナオミ 話の筋道が追い辛かった上、ラスト一行で全てを片付けちゃったのが非常に勿体無い。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 (バキューン)で死んでなかったってのにビックリした!
なんていうか、盛り上げて落とすってやつが不発したイメージですね。
あとオチがよくわかんないです。






HN ユニット名 ネタ 順位
真夏 フェラチオマン フェラチオマン・ファイナル 51位

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 10 ありがとう!
とれいん なんかまたどえらいの来たなあこれ(苦笑。

わけわかんねえなあ、バカだなあ・・・。実にバカだなあ・・・。
S2 いや、無理ですよ?この作品で高得点もらおうとするの。
シモネタがどうこうっていう意見はあるかもしれませんけど、
論点はそこじゃない。(申し訳ないさん語録から引用)
ランダム いやー反則っぽいなぁて思って。そして気持ち悪いなぁって思って。
はにわ 「下ネタでも何でも笑ったら高得点」というのが僕の信条なんですが、この点で。
あなたのまともなネタも見てみたいなぁ、と思いました。
第3回御近所へ、どうぞ。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】+1点 【中盤】0点 【後半】0点 【オチ】0点 【構成】0点 【合計】6点
ケースバイケース ・・・どうしよう。
とりあえず1点か10点だと思うんだよな。
あえて間とって5点にしてみよう。
作者さんが一番おもしろくない点数な気もするけど。
牧原ナオミ やば、どう判断すりゃいいんだろう。
1点つけるのはあまりのアホさ加減に少し笑っちゃったし、かといって5点以上つけるのもおかしいし・・・でこの点数。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 遊んでるなぁ。でもちょっと下が強すぎて笑えないですねぇ。
だからあのすいません。






HN ユニット名 ネタ 順位
どろり コミックス1巻〜12巻の巻末(の再現) 21位 62点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 あ、そういう手もあったか。
とれいん 狙いは伝わりましたし
ところどころにはさんである
ナンセンスさも笑えるのですけれど
いかんせん笑いの絶対量が少ないかなと。
S2 あ、そうなんですか、コミックスは・・・。
(やばい、知らねぇよ、って発言できない空気だ!)
あ、いや、えっと、コ、コミックスがどうこうっていうのは別にしても、 面白かったですよこれ。
「怖い  千葉県・藤井玲」と
「鳥山パメラ  富山県・快楽」で笑いました。
その返答の「すこし意味がわからないけど」っていう冷静さも素敵。

・・・なんかうちのサイトの「バトルクライ」に集まる コメントに近い空気を一瞬感じた。
ランダム 「北海道・小林亮」が馬鹿だなぁって思いました。
はにわ 感想としてはA.の部分でも笑いに転化させたら面白いんじゃないだろうか、
とも思ったのですがそれだとコミックスの巻末の空気は出せないなぁ、とも思ったので全体的にうーむ、って感じです。
ホクロの部分は吹いてしまったのでプラスしました。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】0点 【中盤】0点 【後半】0点 【オチ】−1点 【構成】0点 【合計】4点
ケースバイケース 天丼で攻めてくるのかと思ったら、後半ワケ分からない方向に行ってしまいましたね。
でも、それはそれで好きです。
ドラゴンボールの巻末は読んだことありませんが、「本物もこんな感じなんかなあ」と思いながら、おもしろく読めました。
「ホクロ」は何度見てもおもしろいですね。
牧原ナオミ うーん・・・まだ実際の巻末の文をいじったほうが成功したのかも。著作権無視ですけどね。
春風時雨 10 (コメントが届き次第掲載します)
001 鳥山パメラがむっちゃ面白いです。鳥山パメラはあかんて。
返答にもうちょっと工夫が欲しかったですが、なくても十分面白いです。
まぁあったらもう少し得点アップでしたが。
続きが見たくなる一作ですね。






HN ユニット名 ネタ 順位
ミックスシャワー プリズミックミサイル 魔法少女☆みるきぃ 11位 71点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 いいですね。長文だからできる、この設定。
なかなか読み応えはありました。
あぁ・・中学時代を思い出したなぁ。
とれいん やりとりの1つ1つにしっかり
笑いが詰まってて良いですね。
設定とキャラもうまくかみ合っていて
とても見ごたえのあるコントでした。
1点、注文があるとすれば
オチも毒薬という安易な方向に
頼らないでなにかしらの魔法を
絡めてほしかったなあと。
でもそれ以外は完璧です。
S2 ひどいオチだなあ。(笑)
でも面白かったです。なんつーか、アホですよね。
展開にも無駄がないというか、流れ方に違和感がないので、
普通に「ドタバタな寸劇」として十分に楽しめました。
魔法が「えい!」だけなのも不気味ですよね。
ランダム なんなら「みるきぃ」はもっともっとはっちゃけても良かったんじゃないのかなぁと思いましたね。これ。
はにわ 正直言いますと、みるきぃのテンションがかなりお好みだったりします。
ただじっくり読み直してみると意外にそうでもないような所もあったので最終的に、この点で。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】+1点 【中盤】+1点 【後半】0点 【オチ】0点 【構成】+1点 【合計】8点
ケースバイケース 魔法少女がおばさんという設定を読み手にスンナリ分からせるってある程度の技術がいると思うのですが、この作品はそれがスンナリいったほうだと思います。
話もうまく展開していっているのですが、終盤のたたみかけがなかったのがいたかったか。それが悪いというわけではないんですが、他の作品と比べると、相対的にこのくらいの点数になってしまうんです。
牧原ナオミ 妙に大人びた子供の台詞が結構好みでしたね。でもどうせなら火事だけじゃなく不良も絡めればなあと。
春風時雨 10 (コメントが届き次第掲載します)
001 うっわ、こういう世界大好きです。
テンション高くネガティブな事を言うっていう。
ボワァッて






HN ユニット名 ネタ 順位
ソニックウイングス ブラザートムさんで「孫」 栄冠は君に輝く 15位 68点

審査員のコメント
名前 コメント
布袋屋 にんにく卵黄の力はすごいんだなぁと実感しました。
あと、おからは産業廃棄物です。みなさんも道におからを捨てないで下さい。
とれいん バカだなあ・・・。本当にバカだなあ・・・。なんで豆腐なんだろうなあ・・・。
もう言うことないです。
S2 最後の2行がお見事。
ていうか「青森にんにく卵黄高校」の説明をするネタを
普通書くだろうと。それを、わりと普通の名前の高校の
ばかげた説明をして、肝心の面白い方の高校の説明は
時間の関係上割愛されてるんですよ。
この手法、完璧じゃないですか。
実況と解説、という二人の関係もさほど崩れないままで
展開していたので、そこもお見事。
ランダム にんにく卵黄高校はメインじゃねぇんだ。そこ!?裏切る場所そこ!?
いや、まぁ面白かったですけどね。ポン祭とか。
語尾につけると案外良い感じだポン祭!
はにわ ボケはいいと思うんですが、ツッコミがちょっと失敗しているように見えちゃいました。
改善したら、面白くなると思います、頑張ってー。
暴投戦士(株) 5点から採点 【序盤】0点 【中盤】+1点 【後半】0点 【オチ】+1点 【構成】0点 【合計】7点
ケースバイケース まさかそこから豆腐でもっていくとは思いませんでした。1つの話題をうまく引っ張れていると思います。
それにしてもポン祭は10月2日のとうふの日ではないんですね。不思議だ。
牧原ナオミ 10 にんにく卵黄高校で話を広げるかと思いきやさにあらず、名前は平凡の大原高校で異次元の世界にぶち込まれるとは。この仕掛けに参りました。
春風時雨 (コメントが届き次第掲載します)
001 にんにく卵黄高校って面白いなぁ。
個人的ににんにく卵黄高校の紹介をメインにして欲しかったですねぇ。




戻る